ストレッチマーク(妊娠線)対策におすすめの方法

ストレッチマーク(妊娠線)対策におすすめの方法

妊娠線ができる原因とは?

妊娠線は妊娠の周期が進むにつれてできてしまいます。妊娠線ができる原因は、急激に肌が伸びることにあります。
かたい皮膚は急激に伸びるとついていくことができず、亀裂ができてしまうのです。その亀裂が妊娠線です。一度妊娠線ができてしまうと元の肌に戻すのは不可能です。

 

ですので妊娠線ができないようにお手入れをすることが必要なのです。妊娠線できなかったというひとは保湿クリームなどを塗ってお腹の皮を柔らかくしているのです。妊娠がすすむにつれてお腹が急激に大きくなります。それに伴うようにお腹の皮も急激に伸びていくのです。その変化に対応できるように保湿クリームなどを塗って皮を柔らかくしておくことが必要です。皮を柔らかくすることで柔軟性のある皮にすることができるのです。

 

お腹が急激に大きくなる頃になって塗り始めても遅いので、妊娠が分かったと同時にケアをはじめることが必要です。より早くケアをはじめることでより柔軟性のある肌を手に入れることができるのです。
お手入れをはじめたすぐには効果を実感することができませんが、だんだんとお腹が大きくなるにつれて効果を実感することができます。
またお腹が大きい状態のときには気づくことができない妊娠線でも出産してお腹が小さくなったときに妊娠線に気づく場合もあるので、しっかりケアをすることが大切です。

 

効果のあるクリームを手に入れよう!

妊娠をすると、妊娠線ができる人がいます。妊娠線ができることをあまり好まない女性もたくさんいます。妊娠線予防をするためにできる対策がいくつかあります。その一つがクリームを塗ることです。妊娠線は、肌が乾燥したり、肌の質が硬いと妊娠線ができやすい傾向にあります。妊娠しているときには、ホルモンのバランスが変化しやすいため、乾燥などの肌トラブルが起こってしまう人もめずらしくありません。

 

特に、冬に妊娠する人は、季節的に乾燥しやすい時期なので乾燥から身を守ることが必要です。乾燥から身を守るためには、クリームを塗ることができます。妊娠している人専用のものもあり、使用すると肌を保湿することができます。使用するものは、妊娠している人専用のものでなくても構いません。重要なことは、しっかりと肌を保湿することができるということです。最近では、芸能人が使用しているものに高い人気があります。

 

芸能人は、使用している化粧品を、ブログに載せていることが少なくありません。そのような芸能人ブログに載った商品は、巷で有名になり、高い人気がでることがめずらしくないのです。妊娠線予防をしたいと考えている人も、芸能人ブログを参考にしてクリームを探している人が多くいます。

 

 

クリームを使ったマッサージで消す方法

妊娠するとどんどんおなかが大きくなって、気がついたら妊娠線ができてしまっていることが多くあります。妊娠中からクリームなどでケアできれば良いのですが、体調などもあってそうできないこともあります。産後、おなかを見て不安になることもあるかもしれませんが、おすすめの妊娠線を消す方法があります。その方法とはマッサージです。行うタイミングとしてはお風呂上りがおすすめです。

 

お風呂から上がると、皮膚がどんどん乾燥していきます。お風呂上りに肌がやわらかでしっとりしているうちにクリームを使って優しく肌に塗りこみながら行っていきましょう。

 

このときに使うクリームは妊娠腺ケア用のクリームを使うと効果的です。胸の下あたりから、腰のお知り側まで、股上、おへその周りとクリームを塗りながらやさしくなでるようにマッサージをしたら、服を着ますがそれで終わりではありません。その後少し時間を置いて、おなかだけを出して、再度クリームを塗ります。この時にはお風呂上りにつけたクリームが肌になじんでいるので、クリームは少しで構いません。このときはマッサージすると言うよりも、優しくゆっくりとクリームを薄く延ばしていく感じで行いましょう。
その後は、おなかが乾燥しないようにできればハラマキなどを着用すると良いでしょう。おなかのたるみが戻るまで継続してクリームを使ってマッサージするようにしましょう。


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ